2011年11月20日日曜日

ネット上の言語活動マップ

 インターネットによる言語活動は、通常の言語活動と同様に、内的・外的、伝達を目的とするもの、表現を目的とするものなど多種多様に存在する。
 SNSを活用しようとする場合、ゴールを正しく見据え、目的を顕在化させることで、どういったウェブ・サービスを有効的に活用すべきか、最適なメディアビークルを選定する必要がある。
 ここに言語活動としてのホワイトスペースが存在するのであれば、市場参入の空白地帯がある、という示唆が得られる。

By秋山尊謙

0 件のコメント:

コメントを投稿