2011年6月8日水曜日

口コミ マーケティング戦略

効果的な口コミマーケティングを実施する上で、重要になるものは何か?
マーケティングの4Pを思い浮かべると、「企画している商品またはサービス」が、プロダクトのPとなり、プロモーションについては、ブログのフォロワーに対して実施する「イベントや、期間限定の無償配布などの販売促進活動」へと置き換えることができる。また、「メディアへの露出」が、プレイスのP(SNS上のチャネル、例えばmixiTwitterなど)になるものと理解される。
プライスのPについては価格を示すのが通常であるが、ここでは、「価値」という重要度へ置き換えてみたい。商品またはサービスにおける価格とは、利益を享受する側が、その商品やサービスに見合った価値があるのかどうか、価格という貨幣で尺度化したものに過ぎない。よって本来の意味である価値としてみる方が、ここでは理解しやすい。

SNSのチャネル戦略
日本でのメジャーなSNSサイトは、mixiが圧倒的であるが、先の調査から見るとmixiでは、有効的なマーケティングが実施されていない。代わりにTwitterでの活動やYoutubeを利用した活動を行っている現状がある。
 ただしSNSユーザーは、おおよそTwitterも並行して利用しているイノベーターだと仮定すれば、Twitter上でキャンペーンを張ることで、多方面へも効果的に波及する可能性も生じる。よって、費用対効果があり、現実的な施策で、タイムリーな波及効果が得られ、かつ手軽な利用ができる間便性などが考慮された結果、マイクロブログの代表格であるTwitterが、現状では最も手軽に情報を共有できる存在のようだ。

SNSでの価値構築戦略
 ここで重要になるのがチャネル選定後の価値構築手法である。SNSで最も重要なものは、伝播する力であり、その口コミによる影響力となる。では、口コミの影響力は、どのようにして生じるのか? やはり影響力の大きい人物に伝える、または参加する、といった価値獲得へのアクションが必要になる。影響力を持つ人物へのアクションでも良いが、仮想キャラクターを設定する方法も考えられる。ただし、単にフォロワーの数が多い、といった数の論理だけで判断する訳にはいかない。価値ある口コミ影響力を行使するには、おおよそ下記のような分類化により、正しく判別されなければならないものと考えられる。

SNS口コミ影響力を持つ5タイプ


また、方法論としては下記のような分類により、効果的に戦術を変化させるべきである。

SNSで一定の価値を確立する方法

コンテンツを創造し、リリースする。

意見を表明・発表する。

継続して実施する。

コンサルティング、カウンセリングを行う。(ビジネスを含む)


0 件のコメント:

コメントを投稿